ByakkoPress Logo JPN
other Chinese Portugu尽 Italiano Fran溝is Espa撲l Deutsch English Japanese

白光真宏会 出版本部



Words of Wisdom - 心のノート-
西園寺由佳 著
定価:本体価格1600円+税(送料250円)
四六変形判 93頁
ISBN : 978-489214-161-4
(4-89214-161-5)
日常の中でふと立ち止まり、空を見上げる人に優しい風をもたらすフォトエッセイ
生きていく上で、誰しもが悩み、迷い、自己否定に陥ることもあるでしょう。そんな時、"どうして?" "なぜ私が?"と、いろんな疑問が湧いてくるのでは‥‥。でも、ちょっと見方を変えたら、その答えは、自分の中にあることに気づくはず。誰の心の奥にも、宇宙の叡智とつながった"本当の自分"が存在しているのだから‥‥。人生の見方を変えるヒントが一杯つまった、心を輝かせるフォトエッセイ集。


内容紹介 (目次)

第1章: 本当の自分を見つめる
孤独について/優しさ/可能性について/些細なポジティブ・些細なネガティブ

第2章: 日常から少し離れて
癒しについて/旅/芸術に触れること/自然が教えてくれたこと

第3章: 常識だけに把われない
常識について/偶然と必然/競争について/欲望について

第4章: 今を大切に生きる
今を生きる/雰囲気/感謝の気持ち/意識的に生きる


著者紹介

西園寺由佳 (さいおんじ ゆか)
白光真宏会会長代理。小・中学校時代をアメリカとドイツでも過ごす。学習院大学法学部卒。現在は、国際的な感覚を生かし、国内外で講演活動と執筆活動を行なっている。
さらに詳しく



読後感想をお寄せください
感想文をお寄せください。
どの本を読んでの感想か、タイトルをお忘れなく!
Eメールを送る (編集部)


図書新聞の書評
本書は日常の何気ない事柄を瑞々しく伸びやかな感性で捉え、人間が生きることの意味を見つめたフォト・エッセイ。著者の、今ここに生きている人間の尊さ、.素晴らしさを気負いのない自然体の言葉で綴った心のノートである。人がこの地球上に生れ落ち、死という終焉を迎えるまで、計り知れない出来事に遭遇する。それは、人との出会いや別れ、病気や障害、仕事の成功や失敗、老いて後の死。それらの日常の中で人の心は悩み、苦しみ、傷つき、反面、歓喜し、克服する。その人生の中で人間の精神世界は翻弄され、時に限りない可能性を展開していく。全体の構成の印象としては優しさに満ちて、きわめてポジティブである。
著者が自ら選んだ写真が文章の間にちりばめてある。これから青々と繁っていくであろう若芽の白樺の木、踊りのシーンや太陽が燦々と降り注ぐ水辺、満開の桜など、エネルギーが充満している瞬間であるにもかかわらず静寂な雰囲気が画面に漂っているため、とても優しさに溢れている。
またエッセイも、あらゆる出来事は全て必然的に起こっており、個々に降りかかる間題も必ず解決の糸口は自分の中にあり、自分を見失うことは、孤独、欲望、競争という感情に支配される一番の原因である、と。しかし、それも上手にコントロールできるならば限りない向上の可能性を秘めている。全ては"必然"というときの流れの中で。さらに"優しさ"は伝染する、それは人が生れ落ちた時に、手足をもって生まれてくるように優しさという心も持ち合わせてくるのだと。であるから、人に優しくするとそれを受けた人は、持ち合わせている優しさを思い出し、次から次と伝わっていくのである。優しさとは案外そんなものであるかも知れない。
本書は、一つ一つのテーマで綴られたエッセイであり、著者自身の経験から育んだ「真理」である。そのメッセージはきっと読む人の心をとらえるであろう。(U)
図書新聞ホームページ




Copyright 白光出版 / Byakko Press プライバシーポリシー