ByakkoPress Logo JPN
other Chinese Portugu尽 Italiano Fran溝is Espa撲l Deutsch English Japanese

白光真宏会 出版本部


生きている念仏
五井昌久 著
定価:本体価格1500円+税(送料250円)
B6判 199頁
ISBN : 4-89214-014-7
お念仏は葬式宗教のためのものではない。念仏がこの世とあの世を通して、人間の生命をいきいきとさせるものでなければ、法然親鸞の教えに反する。この書は浄土門の宗祖や妙好人たちの深い心をくみとり、念仏を現代に生かすために書かれた小論の集録。


内容紹介 (目次)

序文念仏と世界平和の祈り凡夫と仏性み仏の心のまゝに救われの自覚自らを智者と思っている愚者法然・親鸞と今日の浄土門善人と悪人大乗仏教と親鸞生きるということ裸の心小我の放棄

著者紹介

五井昌久 (ごい まさひさ)
大正5年東京に生まる。昭和24年神我一体を経験し、覚者となる。白光真宏会を主宰。祈りによる世界平和運動を提唱して、国内国外に共鳴者多数。昭和55年8月帰神(逝去)さる。
さらに詳しく



読後感想をお寄せください
感想文をお寄せください。
どの本を読んでの感想か、タイトルをお忘れなく!
Eメールを送る (編集部)


仏教タイムス評
氏の法然観、親鸞観はわれわれと違い、氏の宗教体験から見ておられ、啓発をうけた。宗教とは何ぞや、氏は霊力を説く霊性をいい、霊界を認める。
念仏は生きている、南無阿弥陀仏は生きものだ。しかしこれを古臭いと誤解されたら『世界平和の祈り』ではどうか『世界平和の祈り』に徹するとき、唯物論でわからない光明とさとりが感得できる。念仏はその『世界平和の祈り』の中に生きている、と五井氏はいわれるように感じる。私は五井氏の宗教的体験に大いに共鳴した。




Copyright 白光出版 / Byakko Press プライバシーポリシー